このブログはマスコミでは滅多に取り上げられない事実を紹介すると共に、人類が犯してきた犯罪を反省しながら、人類生存末期において何をしなければならないかを皆様と一緒に考察していきたいと思います

このブログに初めて来た方は先ず下記の文を読むようお願い致します。

            閲覧注意

下記は著者が岩波書店「世界」の読者談話室に投稿した文書で、これを読むと読者の人生が大変化する恐れがありますので、事実を知りたい方は読み、知りたくなく現状の継続を重視している方は読まないで下さい。

                   『全人類が知るべき事実』

今の人類はたった二種類しかいない。99%は現状を正常と把握し毎日の生活に追われていて、その中には諸問題を不意味な討論やデモ・テロで表面だけを変革しようとしている人もいる。残りの1%は既に事実を知り、富豪者は自己生命延長の為だけに安全だと思われる地域に移ったり、所謂プレパー(危機期準備者)はシェルターを買い、武器・水・食料を多量に貯蔵し待機したり、事実が現実化しない様に願い、宗教・信仰・スピリチュアル界に逃亡したりしている。

人類文化史上、人類は常にエネルギーを使い資源を略奪し環境破壊を続け、その結果CO2・CH4ガス増加、気温・海抜上昇、大旱魃、水・食料不足、避難難民大増加、核物質発散と人類が生きていける基盤を毎日悪化させ、絶滅への一方通行の道に導いている。各分野専門科学者・政治家は自分の給料・年金を心配して事実には触れない。しかし各分野を長年分析・統合してきた、人間として勇気がある元教授のGuy Mcpherson氏は全人類は2026年までに他の生物と共に絶滅すると論証し、Sam Carana氏は2026年までに気温は18度まで上昇し全生物が存在出来ない環境になると公表している。

この事実が何時現実化するかは誰も分からないが、人類最終期を向かえ何かの準備をする必要がある。私の即実行準備案は週20労働時間・国民一人当たり10万円支給制度導入、市町村・自治会等の組織強化、核兵器・原発の解体とその核ごみの安全処理等である。全くの準備対策をせずに個人に任せるとホモ・サピエンス(賢い猿)の歴史で分かる様に、各国・地域間での紛争が増え、住民間の葛藤も深まりアウシュビッツや原爆投下時よりも醜い修羅場になるであろう。

穏やかな最終期を迎えるには博愛・平等・理性に基ずく社会構造を緊急に作る必要がある。全人類は末期ガン患者だ、死を目の前に今何をしたいのか、何をすべきか?

地球上に人がいなくなると、いつか自然が戻ってくるかもしれない。


私のYouTubeチャンネル *1億人の登録者を目指すおじさん*

https://www.youtube.com/watch?v=4R7H2N5FpQc

 


                 


久し振りに、またリッラクスしましょう ! 南こうせつ 「神田川」

2022年8月9日

元妻と同棲していた時、根津の長屋に住んでいましたが、風呂付でなかった
ので近所の銭湯に二人でよくかよっていました。


Planet Lockdown (日本語訳付き) 皆さん、既にこのドキュメンタリーを見ましたか ?

2022年8月6日

少し長い(1時間50分)下記ドキュメンタリーですが、コロナ騒ぎの事実を知り、
理解したい方は必見です。

私はこの世界中のコロナ騒ぎは、もう直ぐ訪れる絶滅の事実を人類の目から
そらす為の目的で行われていると考えています。

しかし、世界支配を目指す人々も、多くの人類は羊の様に騙されて、屠殺場
に送られていて、皆が気が付いた時はパニック状態になり、人類が経験した事
がない修羅場となるでしょう。

https://rumble.com/vsu08h-planet-lockdown-a-documentary-japanese.html

大西洋のプランクトンは既に90%消滅している!

2022年7月22日

イギリスの新聞(The Sunday Post)の記事にEdinburgh 大学に属しているGlobal 
 OceanicEnviromental Foundationの2年間の大西洋の調査によると、大西洋の
プランクトンはプラスチックからの化学的汚染・農薬/肥料汚染・医療薬品から
の汚染で、今まで理解していた40%の消滅ではなく、すでに90%も消滅している
と調査結果が出た。

プランクトンが無くなると魚・クジラ・イルカ等の動物は勿論、人間が必要な
酸素も減少し数年以内に海洋が死亡するだけではなく、地球上の生物はHabitat
(生息環境)を失い絶滅します。

https://www.sundaypost.com/fp/humanity-will-not-survive-extinction-of-most-marine-plants-and-animals/

2025年まで人類は生存出来るか?

2022年7月17日

非常に重要な下記サイトの最近情報によるとEl Nino活動と
太陽黒点活動が偶然2025年に最高度に達し2025年までに
3℃以上、2026年までに5度以上地球気温が上昇します。
3℃上昇すると生物が存在出来る環境が無くなり、5℃上昇
すると全生物は絶滅します。

他の25種類あるグリーンガスや65種類あるReinforcing-
Feedback-Loops,そしてエアゾルマスク効果の増減で
恐らく8 - 18℃の上昇の方が現実的です。

そして、干ばつ・水不足・食料不足で社会・経済構造が崩壊
すると世界中にある原発は統制管理も出来なくなり、メルトダウン
チャイニーズシンドロームになり、地球上の生物は絶滅します。

世界中の酷暑・干ばつ・大雨は地球の金星化への前兆ですので
今、何を言っても、しても全て無駄ですので、個人が出来る事は
心の準備と、食料・飲料水の備蓄ぐらいです。

http://arctic-news.blogspot.com
https://arctic-news.blogspot.com/p/extinction.html
プロフィール

ext2026

Author:ext2026
extinction2026のブログにようこそ!

私のYouTubeチャンネル:
*1億人の登録者を目指すおじさん*

人類は頭が良すぎたのか、猿より悪いのか、地球・自然を略奪し続けて来た。
今は誰が何をしても絶滅への一方通行しかありません。
今出来る事は自分・家族・親戚・ご近所で出来るだけ最終期までの
準備をする事でしょう。

It's too late. That's it !!!!!

直接連絡したい方は下記連絡先にお送り下さい:
ext2026@e-mail.jp

またmixiで興味深い情報もありますので是非ご覧下さい(ゆでダコ3)。
https://mixi.jp/home.pl

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR